株式会社ヤマハコーポレートサービス

  1. ホーム>
  2. 会社情報>
  3. トップメッセージ

トップメッセージ

ご挨拶

代表取締役社長渡邊 英樹

2021年度の第三四半期が始まりました。

改めて、弊社をご支援頂いている皆様方の益々のご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。

私たちは、音・音楽を原点に培った技術と感性で、新たな感動と豊かな文化を世界の人々とともに創りつづけるヤマハグループのシェアードサービス中核企業として、ヤマハグループの事業競争力の向上に高い志で日々挑戦しております。

その私たちの挑戦を担うのは、かけがえのない『人材』です。

私たちは、この信念のもと、一人ひとりの仕事と生活(家族や大切な人との時間、家族や親しい人をケアする時間、資格取得など自己啓発の時間、趣味・交遊等自分を豊かにする時間等)の両立に積極的に取り組んでいます。

弊社は、厚生労働省より本年6月14日付けにて「女性の活躍を推進する優秀な企業」として「プラチナえるぼし」のご認定を頂きました。昨年6月9日付にてご認定を頂きました「プラチナくるみん」に続いてのダブルでの「プラチナ」ご認定を頂きましたことに、改めて、この場を借りまして厚く御礼を申し上げます。

このご認定を更なる飛躍の土台と位置づけて、引き続き、ダイバーシティを推進し、働きやすく、働きがいのある職場作りを進めてまいります。

認定マーク
認定マーク

また、コロナ感染予防と業務継続を両立させる取り組みとしては、セキュリティレベルの高い在宅勤務(テレワーク)を導入しております。

テレワークの支障となる【紙・はんこ・会議室に集まっての会議等】については、ひとつひとつ職場メンバーがクリエイティブなアイデアを持ち寄り、電子ワークフロー化(ペーパーレス)、電子契約化(はんこレス)、リモート会議化 (オンライン会議)等を実現し、快適で生産性の高いテレワークを進めております。さらに、従来は手作業に頼ることの多かった定常的な処理業務をRPA(Robotic Process Automation=異なるシステム間で自動的にデータを連携し処理できるソフトウエアロボット)で自動実行処理することにより、生産性を高めることに成功しています。例えば、RPAは「夜間に自動的に起動してデータ処理を行う」、職場メンバーは「処理されたデータを活用するステージの仕事に集中できる」形を実現しました。

最後になりますが、ヤマハグループをヤマハクオリティーの具現化でリードする情熱に溢れる仕事のプロが集まり、フランクでカジュアルな職場風土の中で、高い心理的安全性のもと、わきあいあいのコミュニケーションで、働きやすいだけでなく働きがいのある会社、これが私たちヤマハコーポレートサービスです。

皆さまのご理解とご支援をよろしくお願いします。

令和3年10月1日
株式会社ヤマハコーポレートサービス
代表取締役社長
渡邊 英樹

ページのトップに戻る